清楚咲夜の趣味日記

プロペルとかいう超不人気車でもモテたい!

自分が持ってる一眼レフの長所・短所

自分は、デジタルだと一眼は3台しか持ってないんですけれども、(ニコンは所持したこともない)フイルムは2台あります。

今回は所持機の長所・短所を書いていきます。

 

ソニーα700(DSLR-A700)

ソニーα100に続き、APS-C機のソニー内ではフラッグシップ機。

ファインダーは「見やすい」という声が多数上がっている。

 

自分は、レンズにもよりますが、MFを使うことがあります。確かに、ピントの山をつかみやすいです。

だけど、少し暗いですね。あと、視野角が少し足りない。

レンズの距離+α計算が必要です。

画質は、風景が特に得意で車の写真もうまくいきます。

f:id:SeisoSakuya:20150829155838j:plain

滑らかで、階調性にも優れているので永い付き合いができそうです。

f:id:SeisoSakuya:20150826172613j:plain

 

 

ソニー α77 (SLT-A77)

 

世界初(?)のEVFを採用した中級機。

APS-Cサイズで2430万画素を実現した機種。

 

自分はこの機種からデジ一に入ったんですけれど、付属レンズがいいです。

カビが生えやすいのが難点なレンズですが、描写はツァイスに2枚ほど負けてるだけ。

ボディは、ソニーの高ISOほどノイズが乗るのが2400万画素でよくわかってしまうのが残念。

連写も12fpsなのはいいのだけれど、バッファがすぐにいっぱいになるので1.2秒間しか撮影できない。

また、レスポンスが悪くて撮影するまでの待ち時間がある。

表示パネルの表示がダイヤルに遅れすぎている。

写真は、わりかしいいのですが、α700よりクセがありすぎて、ビビッド気味です。

RAW現像でちょうどいい点を見つけるのがいいと思います。

やっぱり、風景マシン。α700と同じような被写体が得意です。

f:id:SeisoSakuya:20150829160644j:plain

f:id:SeisoSakuya:20150829160709j:plain

f:id:SeisoSakuya:20150829160741j:plain

 

EOS1D MarkIII

EOS最高峰のフラッグシップ機

1Dシリーズで初めてのデュアルDiGiC3搭載。

また、SDカードとCFカードのデュアルスロット。

40万回に及ぶレリーズ耐久性。

 

この機種が一番画素数が少なく1010万画素なんですが、滑らかさが一番。

写真として評価できるのは

1D>A700>a77の感じです。

素数が少ないが、描写で高画素数機を凌駕する性能です。

レンズがLレンズ使用なのですが、ツァイスに及ばないにしろ抜けがいいと思います。

こいつは10fps連写でバッファは22枚~40枚

EOS7Dのほうがバッファは大きいけれど、APS-Hには勝てませんね。

f:id:SeisoSakuya:20150829161259j:plain

(トリミングしました。およそ300万画素程度)↑

f:id:SeisoSakuya:20150829161311j:plain

 

次は、ニコンのD7000を購入する方針で行こうと思います。

D7000は中間の1600万画素で古いものの基本がしっかりしている機種です。

お楽しみに.........

 ちなみに、今回使ったレンズ、機材はこちら↓

EF70-200mmです。ISなしなのは仕方ない。

α77のボディです。なかなかセンサーにゴミがつきやすいw

安くても、描写力は高いレンズです。