読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

清楚咲夜の趣味日記

プロペルとかいう超不人気車でもモテたい!

α700は伝説の機材なり

今回は、ソニーの一眼レフ

α700についてやっていきます

 

自分はソニーα700を中古で購入し、現在に至っておりますが

「使えば使うほど良いカメラ」

が実感できます。

 

機械としての存在、写真としての存在が今のカメラより遥かに上です。

 

まず、1200万画素とは思えない描写力。

ソニーの良いレンズ(DTクラスなら16-50mm)ですと、絞っていくたびに

「風景に適した描写」になったり、スポーツ向きになったり、ポートレイト(物撮り)に適したりと様々な表情を見せます。

f:id:SeisoSakuya:20151101230451j:plain

f:id:SeisoSakuya:20151101230532j:plain

f:id:SeisoSakuya:20151101230551j:plain

 

初心者には正直いって、「向きません」

理由は簡単。

「良いレンズを使いこなせるか」「F値とSSの組み合わせ、WBの調整」

が圧倒的に今の機種よりシビアで、フイルムに近いから。

気軽に撮るというより、ここ一枚で決めるカメラです。

 

 

シャッター音はレンズによって異なります。

SP70-300mmの場合、甲高いシャッター音になりますし、

その他の標準ズームや中望遠の場合、「ドコッ」といった重みのある音になります

 

こいつは、機械としての価値も高く、

ソニーが本気で作ったAPS-C機とでも言っても過言ではありません。

α100は、ミノルタから受け継いだ最初の機種ですが、こいつが初のソニーの中級機ですから、開発者もそれなりに考えたと思います。

まず、当初はレンズ群が30程度しかありませんでした。

カールツァイスとの組み合わせ16-80mm?もありました。

 

この機種は、愛情を持てば応えてくれる。

そんな風に私に言ってくれてる気がするカメラです。

 

初心者のかたはぜひ、α55など「楽に使えるカメラ」から始めてください。

私はソニーのルートとして「α77」から入りました。

まぁ、α77はそんなに良くありませんでしたが...

 

フイルム(ISO32)の画質は至高のものと聞きます。

デジタルも勝てないそうです。

まぁ、今は売っててもベルビア50くらいでしょうけど…

 

私は、ハイアマでもなく、プロでもないセミプロですが

デジタルは正直、1000万画素あれば問題ないと思います。

ボディにこだわるより、レンズにこだわれと....

α55とか37で、ツァイスのほうが普通にボディに金だすよりいいと思います。

 

私の個人的な考えですが。

 

 

追記

f:id:SeisoSakuya:20151101231936j:plain

f:id:SeisoSakuya:20151101231925j:plain

α77で撮りました写真です。

まぁ、正直言うと、ソニーは全般的に「風景に強い」ですよ

 

一枚目の諏訪湖端の写真は、圧倒的にキヤノンよりかいいです。