読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

清楚咲夜の趣味日記

プロペルとかいう超不人気車でもモテたい!

DIATONEのスピーカーの音の特徴、傾向を考えてみた

当方、ダイヤトーンのスピーカーを使っていて

よく「ダイヤトーンの音ってどんなん?」と聞かれます。

そこで、音の傾向について考えてみます。

 

まずはじめに、今まで聞いてきたメーカーの(所有して少なくとも300時間程度聞いたもの)

テクニクス

・オンキョー

・パイオニア

ダイヤトーン

 

が上がります。

この中で、もう一度聴きたいと思うのは「ダイヤトーン」「パイオニア」です

各社音の傾向を(あくまで個人的なものです)ピックアップします。

上から

テクニクス)・低音から高音にかけて聞こえやすい音質。3ウェイです。

低音が若干強いと感じました。高音はシャリシャリせず、

向いているのは「ジャズとかピアノ曲、オーケストラ」だと思いました。

 

(オンキョー)・こちらは、安いグレードで購入しましたが、(2ウェイです)

安い割には「いい音に感じさせる」能力はすばらしいです。

低音が強すぎます。ただ、ヴォーカル域の中音が聞き取りやすく、高音が若干減衰してます。

向いているのは「主なヴォーカル曲」としかいえません。オールラウンダーなイメージですが、僕が使うのは難しいなぁ。

 

(パイオニア)・私が一番好きな傾向の音と感じました。

低音は芯がしっかりしています。中音もしっかりしてます。高音が苦手ですけど^^;

聴いていて「安らげる音」と感じます。

これこそ「オールラウンダー」です。

 

ダイヤトーン)・音楽に向き合うならこのSPは最高。

モニター向けの音でブレの少ない音です。

詳しく後ほど。

 

とこんな感じです。

主に複数ユニット機での再生です。

私的には、「DALI」というメーカー、「B&W」に興味がありますが、海外メーカーと日本メーカーの音の傾向は全く違いますので悩みどころですよね。

 

結論である「ダイヤトーン」の音について

 

先程述べたとおり、

「モニター」向けで、「素直」な音ですから

当然、低音が強い曲はそちら側に聞こえやすくなるし、高音がキンキンしてる音にはそういった傾向になります。

 

音楽を楽しむというより音の正確さを愉しむ?

 

あと、録音がしっかりしている曲でないとまともに再生しません。

多少の+dbならなんとかなりそうですが、今の音楽(J-POPにありがちなメーターを振りきっている適切な録音レベルではないもの)は向かないと感じます。

 

アニソンで例えるなら

1990-2000のものと2010-2015の曲では録音レベルがとても違います。

気に入っている「天地無用!シリーズやサクラ大戦」の曲はちょっとだけ

レベルが超してるくらいですが、最近のものはほとんど割れてますね^^;

こういった曲にはどうも向きません

 

個人的に向いている曲は「弦楽器の演奏とかピアノ曲、オーケストラ、女性ボーカル曲」だと思います。