清楚咲夜の趣味日記

プロペルとかいう超不人気車でもモテたい!

双極性障害は理解されない点で辛い。

当方、双極性障害なわけだが、

これは「大うつ病」と違い、とてもつらい。

一時期に大うつ病になったが

その時は

・記憶力の低下はなかった。

・周囲から観ても、「ぼーーー」としていて、死んだ魚のような目をしているとわかる。

・大うつはやる気の無さがひと目で分かる

 

これは一般的にみてわかるが、双極性障害躁うつ病)はそういう訳にはいかない。

実際、これを書いているのもそれと重なったから。

 

躁うつ病は波があって、良い時と悪い時がありそれになるまで「普通」と思われる

躁状態、イライラしか無い

躁状態、記憶力の低下が否めない

・鬱エピソードはさほど大うつと変わらないが、躁状態を知っているので

やたらと疲れる

 

などなど。

色々な不便な点しか無い。

併発して、パニック障害になり、電車内で腹痛・吐き気などに襲われた時期もあった

 

特に私が一番理解されない点は

「記憶力の低下」だ。

記憶力の低下により、やろうと思っていたこと(掃除)などが

トイレに行ったり、休んだりした場合にすぐに忘れてしまう点。

その他諸々の場合。

 

多くの人には「都合がいいんだね。忘れられていいね」といやみったらしい口調で言われます。

 

毎回心のなかでは「ふざけんな。忘れたくないことまで忘れるこっちの身になれ。

やるつもりのものまで忘れる辛さを知ってから言え」など色々感じます。

 

単にやりたくないものを忘れるなんてこと無いのに・・・

 

はぁ~。今時は「ネット」でうつ病診断ができるというものがあるけど、絶対に当てにしてほしくない。

必要であるべき患者が飲み込まれていく。

躁うつ病診断なんて出た瞬間にはもっと増えるでしょw

 

躁うつ病は体験しないかぎりわからない辛さがあるので、身近な人で体験している方がいたら、差し支えない程度で聞いてみるもの良いかと。