清楚咲夜の趣味日記

プロペルとかいう超不人気車でもモテたい!

私の思う「いい音」

 

みなさんはスピーカー、イヤフォン、ヘッドフォンなどで音楽を楽しんでいると思います。

その中でも、最近はソニーが主力携帯音楽プレーヤーである

ウォークマン

を「ハイレゾ ウォークマン」として売っています。

だがしかし、ハイレゾだから音がいい と言うのはもう間違えです。

 

そもそも、音がいいとは?

みなさんの音が良い基準は何でしょうか。

高音に艶がある? 低音が出ている? 原音に忠実?

ボーカルが聞こえやすい? などなど

挙げ始めると多くて書ききれません。

 

そもそも、音がいいとは各人によって規格が違うのです。

しかしながら、業界内(最近では音圧戦争が再び始まってきていますが、これはハイレゾに対抗したものと、ニセレゾ=44.1/16の音源をリマスタしたもの 用にリマスタリング工程を通す際にやってる)では、

 

原音に忠実であること  が最も必要なことであります。

 

最近のメーカーですと、ダイヤトーン(現行1機種のみ)

JBL Monitor向けシリーズ その他多数

挙げられます。

ヤマハのNS5000が最近では最も有名でしょうか。

 

他にも、過去の機種であれば、INFINITY というスピーカーメーカー

最盛期のダイヤトーン が熱かったと思います。

 

原音に忠実とは絶対に100%再生できませんが、

100%に近づくような音作りはできます。

 

日本のトップは今でもヤマハNS-5000かダイヤトーンだと思っています。

 

ダイヤトーン三菱電機 はTV業界では最も早く

レーザー液晶を備えた4Kテレビ REALを発表し、BT.2020規格85%カバーをしました。

そう考えると、この三菱電機は相当な技術力がありますが売れないためにもったいないのです。

 

だから、ダイヤトーンSPはもっと売れてよかったのですが

CD誕生と同時期のSPでは音圧戦争みたいな物のせいで

コテコテチューニングが施されたONKYO パナ ソニー にとられていきました。

そうして、90年台にはダイヤトーンは滅びる運命をたどります。

 

ダイヤトーンは実に低音~高音まで味付けが無いです。

そやから、「冷たい音」とか「つまらない音」何かと言われてしまいます。

 

そもそも、音楽によってスピーカーの特性(モニターというもののは固定で)

は変化しますから、楽しい音でもあるしつまらない音になるのは音楽によって左右されます。

 

モニターの楽しさがわかると、色々の音楽に触れたいと思います。

現在の音楽とちょっと前の曲を比較しても

音圧の違いはよく分かるほどです。-30dbで聴いてみてください。

どんなスピーカーでも解りますが、オンキョー系はやや低音が強め

とかあるはずです。

 

私はダイヤトーンを勧めたいが、勧めきれない理由の一つに

「スピーカーエッジの硬化」が上げられますし、

ダイヤトーン独自の振動板「ボロンDUD」辺りはもろく、壊れやすいために

維持が難しいと考えるからです。

最近ではB4Cピュアボロンの技術も更新され強くはなったと思います。

D.U.Dはダイヤトーンのウリの一つなわけですから絶対に譲らないで欲しいですね

 

おっと、スピーカーの話になってた\(^o^)/

 

戻しまして

 

音がいいというのは各人によって違いますから人がどうのこうの言おうが

勝手なわけです。

しかしながら、いい音で聴きたいと思うのなら

ハイレゾ

・高音質

・最新のシステム

 

に踊らされないことが一番だと思います。

オーディオ界隈ではハイレゾ反対派が多いですからね。

↑それだけでなく、全体的にオーディオは80~90が一番栄えてるので完成度が高いからです。

 

アンプなどはAVアンプは40万出さないとステレオアンプに勝てないなど言われてますが

最近のは性能がいいので、そんなのこと気にしないでください。

転送に於いては 同軸・キャノン端子が一番精度が高く音質もいいですから。