清楚咲夜の趣味日記

プロペルとかいう超不人気車でもモテたい!

EMS(国際スピード郵便)を送るのに苦労した話

皆さんこんにちは。

お久しぶりですが、先日SSD(M.2 SSD)が故障してしまい、台湾まで送ることになりました。

メールのやりとり自体は早く終わったのですが、私の用事で送るのが1週間遅くなりました(ここは問題ではありません)

 

長野県松本にあるとある郵便局(比較的に大きめのところです)で送る手続きをしました。

しかし、品目(送れるもの、送れないもの)のチェックに「SSDとは何ですか?」と聴かれてしまい、「SSDですか。そうですね、パソコン部品です。」

と返し、「それは電池が内蔵されていますか?」と聴かれたので「いいえ。電池はないですが、半導体ですね」←本当だもんw

と答え、

「今、送れるか確認しますのでお待ちください」と言われ、待つこと数分「問題ないです」(そりゃ問題ないだろうよwww

で、EMSのパッケージ代50円あるいは70円を支払います。

そんで書くとき、ADATAの方が郵便番号書いてなかったので郵便番号書きませんでした。

住所は、日本と書き方違うので要注意ですね。

それと、誓約書みたいなのを書かされます。一応書かないでも大丈夫なようです。

そうして、「一応、2万円までは保証効きますので、品目の日本円(だいたいの)をお書きください」と言われたので、買値の15kを記入。

本当は15.8kなのだが。

心配事に悩まされていたところにまたさらに追い打ち。

また「電池」というワードが飛び交いました。

電子機器の場合はwithout batteryかそうじゃないかしかないので、no batteryと書いてくださいと言われました。

以上で送れました。

送料¥1400なり。