清楚咲夜の趣味日記

プロペルとかいう超不人気車でもモテたい!

YouTubeで音楽を聴くこと ってどうなんでしょう。

題名通り、つべで音楽を聴くことについて考えます。

公式チャンネルでもアップロードしていたり、プロモーションとして一部が聴けたりしますが、「第3者にアップロードされた音楽」

ってどうなんでしょうね。

 

YouTubeの構造的に、「第3者がアップロードした音楽には広告がつく」のですが、同人系の音楽って微妙なんですよ。

 

確かに、同人作品の音楽は”最近のケース”だと、試聴曲を公式サイトでアップロードしていますが、昔の作品だったらだいたいは削除されているか、そもそも存在しない。

 

そのような場合はだいたいの人が「YouTube」を利用すると思います。

自分も実際、CD購入前(同人系の)には聴きます。

聴いたらあまりよくないから買わないと言うことは少ないです。

 

「試聴曲」としてどこかのサイトが運営できれば(相当なDB量になりますが)そういうことが少なく済んでいいのですが。

 

でも、同人作品だから権利的な面で難しいですね。

試聴曲DBをサーバ立てて運営するなら費用はかかるし、利益はどこで得るかと言うのが問題…

 

同人以外の音楽はあんまり聴かないのですが、YouTubeならではの音の悪さが結構嵌まるんですよね。

なんでだろうか。

 

実際にCD買うと「高音質だけど、何かちがう」と言うことが度々。

逆に「高音質」過ぎるのかもしれないなぁ、と。

 

海外のアーチストの曲は公式でかなりうpされているので、違和感なく聴けますね。

(特にEDMが多いイメージ)

 

面白いことに、Originalとは少し違うんですよね。

 

自分の場合、普段はAmazon MusicとかApple Musicを使って聴いていますが、同人作品でどうしても欲しい曲はつべに頼るしかないですね。

ニコ動でもつべでも。

同人はニコ動のほうが強いことが多いのですが。

→というか、つべには転載が多いのか。